“捜廻”の読み方と例文
読み方割合
さがしまわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
声々に、可哀に、寂しく、遠方に、——そして幽冥から闇へ捜廻ると言った、厄年十九の娘の名は、お稲と云ったのを鋭く聞いた——仔細あって忘れられぬ人の名なのであるから。——
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)