“振鼓”の読み方と例文
読み方割合
ふりつづみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
和琴振鼓、笛などの散楽譜が、天上の雲間からでも降ってくるように、小次郎の旅垢だらけな耳の穴へも、春風とともに、忍びやかに、流れこんできた。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)