“指抜”の読み方と例文
読み方割合
さしぬき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
市女笠の女、指抜の若者、武士、町人、公卿の子息、二十人近くも囲繞いていたが、いずれも茫然と口をあけ、息を詰めて聞き澄ましている。反対をする者もない、同意を表する者もない。
南蛮秘話森右近丸 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)