“拾貫文”の読み方と例文
読み方割合
じっかんもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青差拾貫文御褒美下し置かるゝ有難く心得ませい、半右衞門の跡目相続の上、手代萬助は其の方において永の申付けて宜かろう
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)