“拾木”の読み方と例文
読み方割合
ひろいぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
げに今まで燃えつかざりし拾木の、たちまち風に誘われて火を起こし、濃き煙うずまきり、の炎の舌見えつ隠れつす。竹の節のるる音聞こえ火の子舞い立ちぬ。火はまさしく燃えつきたり。
たき火 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)