“承及候”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うけたまわりそうら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“承及候”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
急々一書を裁しそうろう昨夜は数々の御厚遇大謝大謝しかるに今朝承及候うけたまわりそうらえばかの舞妓春どの夜前小石川南海寺にて変死を遂げ候趣き驚き入り候右御伝聞未だしきやと存じ候えばお知らせ申候……。
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)