“批点”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てん66.7%
ひてん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“批点”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 絵画 > 日本画1.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
やあ覚えて居よ此のつそりめ、ひとの情の分らぬ奴、其様の事云へた義理か、よし/\おのれに口は利かぬ、一生どぶでもいぢつて暮せ、五重塔は気の毒ながら汝に指もさゝせまい、源太一人で立派に建てる、成らば手柄に批点てんでも打て。
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
やあ覚えていよこののっそりめ、ひとの情の分らぬ奴、そのようのこと云えた義理か、よしよし汝に口は利かぬ、一生どぶでもいじって暮せ、五重塔は気の毒ながら汝に指もささせまい、源太一人で立派に建てる、ならば手柄に批点てんでも打て。
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
よく能面の表情は固定していて、死んだ表情であり、無表情というにひとしいなどと素人の人たちがいうのですが、それは能楽にも仕舞にも何等の徹底した鑑賞心をもって居らないからの言葉でありまして、名人の場合など、なかなかそんな批点ひてんの打ちどころなどあるものではありません。
無表情の表情 (新字新仮名) / 上村松園(著)
PR