“打切棒”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぶつきらぼう66.7%
ぶっきらぼう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“打切棒”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
靜子が家へ歸ると、信吾は待ち構へてゐたといふ風に自分の室へ呼んで、そして、何か怒つてる樣な打切棒ぶつきらぼうな語調で智惠子の事を訊いた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
静子がうちへ帰ると、信吾は待ち構へてゐたといふ風に自分の室へ呼んで、そして、何か怒つてる様な打切棒ぶつきらぼう語調てうしで、智恵子の事を訊いた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
黒吉は、彼女の顔を正面まともに見る事が、出来なかった。そして、足の先きを、ごそごそ動かしながら、打切棒ぶっきらぼうに、こういった。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)