手前てめい)” の例文
「こらッ吉ッ! きょうはお客が見えたからこれで遊ばせてやる。いますこし励んだらしまいにして手前はよくあと片づけしておけ」
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「清水などア本統の問題ぢやアない! 人のことなどにやア口出ししないで、手前のざまを見ろ!」
ムク、昨夜手前なんだっておいらを置いてけぼりにして、どこかへ行っちまったんだ、先廻りを
大菩薩峠:18 安房の国の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「いよう何うしたはぐれ鳥め、手前仲間とはぐれたな」彼等の一人が斯う云いました。
西班牙の恋 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)