“恭忠”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょうちゅう50.0%
きようちゆう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“恭忠”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
父名は恭忠きょうちゅう、通称は同じく養竹であった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
小島氏では此年尚質なほかたが番医師にせられ、森氏では枳園立之きゑんりつしの父恭忠きようちゆうが歿した。後に小島氏の姻戚となる塙氏では保己一が歿した。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)