“怨詛”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えんそ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“怨詛”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
先年夏の夜、東京神田区東福田町、倉本某方の左手にある銀杏いちょうの大樹の下に毎夜年若き幽霊立ち現れて、なにごとか怨詛えんそするさまものすごく、だれも見たり彼も出逢えりと言い触らし一時大評判となった。
おばけの正体 (新字新仮名) / 井上円了(著)