“思無邪”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おもいよこしまなし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“思無邪”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.4%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
思無邪おもいよこしまなしであり、浩然こうぜんの気であり、涅槃ねはんであり天国である。
俳諧の本質的概論 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
ほとんど境涯的にまで、そうした思無邪おもいよこしまなしの旅ごころを飽満さしたかったのだ。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)