“心穏”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こころおだや50.0%
こころおだやか50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に言ふが如く彼は心穏こころおだやかならず見ゆるなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
されども過ぎしその事よりは、為に宮が前途に一大障礙しようげあるひきたるべきを案じて、母はなかなか心穏こころおだやかならず
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)