“心慰”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こゝろひらけ50.0%
なぐさめ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
親子はこれにされて心慰酒肴をいだして人々にすゝむ。
さうしてその心配が、時にとつては、——せん枝にも、久保田君にも——一種の道樂に等しい心慰である。心配のなりゆきを考へる時、希望に似た胸のときめきがあるに違ひ無い。