“微明:うすあか” の例文
“微明:うすあか”を含む作品の著者(上位)作品数
田中貢太郎2
“微明:うすあか”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
走りながら揮り返って見ると、二人を追っかけて来る鬼婆の手を拡げた姿が微明うすあかりで路の上に小さく見えている。
白い花赤い茎 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
学生は微明うすあかるい霧の中に顔を見せた。
死体を喫う学生 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)