“御来駕”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごらいが83.3%
おいで16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御来駕”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「伊達公の御来駕ごらいがを幸い、密談にわたり候えども、かねがねの所存もござること故、折入って御相談を願いたい儀は——」
大菩薩峠:34 白雲の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
彼はとても長いことチチコフの手を握りしめながら、とても熱心に、是非いちど自分の村へも御来駕ごらいがえいを賜りたいと懇願した。
取り急ぎまして明後々日にめましてございますが——御隠居様、どうかひとつ御来駕おいでくださいますように、——川島様の御隠居様がおすわり遊ばしておいで遊ばすと申しますれば、へへへ手前どもの鼻も高うございますわけで、——どうかぜひ——家内も出ますはずでございますが、その
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)