“御小袖”の読み方と例文
読み方割合
おんこそで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御頭巾唐冠、うしろに花を立てさせられ、御小袖は紅梅に白、上に蜀江をかさね給ふ。御肩衣どんすに桐唐草なり。おも同然。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)