“开処”の読み方と例文
旧字:开處
読み方割合
そこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
代はやるほどに何処か开処らまで、めて広小路までは行つておくれと優しい声にすかす様にいへば、なるほど若いお方ではありこの淋しい処へおろされては定めしお困りなさりませう
十三夜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
捨てはてし身にも衣食のわづらひあれば、昼は开処となくさまよひて何となく使はれ、夜は一処不住の宿りに、かくても夢は結びつゝ、日一日とたゞよひにたゞよひて、しゆくほどに
琴の音 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
お峯は車より下りて开処此処と尋ぬるうち、紙風船などを軒につるして、子供を集めたる駄菓子やのに、もし三之助の交じりてかとけど、影も見えぬに落胆して思はず徃来を見れば
大つごもり (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)