“店框”の読み方と例文
読み方割合
みせがまち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
店框、捨石の上に、腰をおろして、汗を入れたり、水を飲んだりする人の中に、まだ止まぬ遠音の囃子につれて、潮吹は、ほとんど疲れを知らぬ機械人形のように
すごい眼の玉をむいて、いまにも吠えつきそうな顔をしていた那珂川原とかいうお菰は、ふと、その眼をふせ、首をたれ、片あぐらを乗せていた店框から身を退くと
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこで老公は、少々、足のつかれを思い出して、折もよしと、店框の端に腰かけていた。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)