“底蓋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そこぶた100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“底蓋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
「この通り……」と、松吉は笑いながら木魚に手をかけてもたげると、木魚には底蓋そこぶたがあった。
博士の手によって、電極がベラン氏の足の裏を押すように差込まれた。硝子の底蓋そこぶたはめられた。接合面のふちに、グリースらしきものが塗られた。
宇宙尖兵 (新字新仮名) epub / 海野十三(著)