“底肌”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そこはだ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
干潮で、遠浅の海は醜い底肌そこはださらし、ほりの水は細く、土色に濁っていた。
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)