“庄家”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しょうけ75.0%
シヤウケ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“庄家”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「たかの知れた庄家しょうけと領民の争い事、出兵といっても、威嚇で終るであろう」
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「それぞれの庄家しょうけまで、ただちに持参せよ。おこたる者は、重科に処す」
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
右、領主庄家シヤウケ、一致シテ違反ナカルベキムネ、御上意ナリ
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)