“しょうけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
庄家75.0%
小家25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「たかの知れた庄家しょうけと領民の争い事、出兵といっても、威嚇で終るであろう」
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「それぞれの庄家しょうけまで、ただちに持参せよ。おこたる者は、重科に処す」
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
既にその前年なる正徳二年の、「名東郡芝原村穢多・小家しょうけ・下人一々書抜帳」と云うのを見ると、エタ百人万助の小家も、庄屋伝右衛門の下人も、伝右衛門の小家彦三郎の下人も、同一帳面に書き連ねて、「右者名東郡芝原村横付御改被仰付に付、穢多百人・小家、庄屋伝右衛門下人、穢多に至迄、帳面に仕上候」とある。
エタに対する圧迫の沿革 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)