“幽夢”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ゆうむ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“幽夢”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
先頃まで、大坂の柳の馬場の裏町で、幽夢ゆうむというつむりを丸めた手習師匠が住んでおったが、徳川家の手で身元を洗ってみると、何ぞしらん、これがさきの土佐守長曾我部宮内少輔盛親ちょうそかべくないしょうゆうもりちかの成れの果て——とわかり
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)