“屯々”の読み方と例文
読み方割合
たむろたむろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、ばかり各自の隊へわかれて行き、そのあとすぐ本陣から進軍令の貝のが鳴りわたり、諸隊の貝もそれにこたえ、屯々の陣幕は一瞬のまにたたまれ出した。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それまでは屯々に、ただ蝟集していたに過ぎない全兵員が、忽ち草を蹴って立ち、列伍を正し、おおよそ三段にわかれて、旌旗粛然と勢揃いのをととのえた。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たちまち屯々の武者が駈けつけ、二人を斬ッた若いほうを包囲した。