“小抽出”の読み方と例文
読み方割合
こひきだし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふだん「能なし」とみくびっていただけに、それがあによめには反比例して強く感じられたらしい。がたがた震えながら、仏壇の蔭のほうへ手を入れかけ、ふとやめて、用箪笥小抽出をあけた。
七日七夜 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
「その、一番上の右の小抽出あけて御覧、———」
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
弥生は手にとって暫く見ていたが、やがてそれを箪笥の小抽出の中へしまい、気ぬけのした人のようにそこへ坐って、ひとりしんと考えこんでしまった。そのときから弥生はものおもう日が多くなり。
日本婦道記:風鈴 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)