“小出播磨守”の読み方と例文
読み方割合
こいではりまのかみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
笑っているそのお口で、先刻、猿殿は御留守居衆の小出播磨守どのや、三好武蔵守どのを集めて、こう正直に告げておられた。
茶漬三略 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
れは時の陸軍の将官を勤め、の西洋家で、或日その人の家に集会をし、客は小出播磨守成島柳北を始め、その皆むかしの大家と唱うる蘭学医者、私とも合して七、八名でした。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
留守居の将、小出播磨守三吉武蔵守も、彼の前に平伏していた。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)