“寿美蔵”の読み方と例文
読み方割合
すみぞう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寿美蔵の八坂の四郎兵衛もうけ役ゆゑよし。秀調の茶屋の女房、伝兵衛を抱止むる意気込さすがなり。栄三郎のお俊、今一と息心入れありたし。勘十郎の手代万八よし。
両座の「山門」評 (新字旧仮名) / 三木竹二(著)
姉娘をのないには困りました。源之助で不可、門之助で不可、何分にも適当のが見当らないので、結局寿美蔵に廻りましたが、本来は宗之助か秀調という所でしょう。
松竹は芸術座を買込み約束が成立すると、そのに明治座へ須磨子を招き、少壮気鋭の旧派の猿之助寿美蔵延若たちと一座をさせ、かつてとかく物議になった脚本をならべて開場した。
松井須磨子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)