“寞々”の読み方と例文
読み方割合
ばくばく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
空々寞々たる隠者のような生活を夢のように頭のなかにえがいて、ぼんやり一日をくらすようになった。
(新字新仮名) / 島木健作(著)
やがて、女が一言二言何かつぶやきながら、廊下へ出て行くと、パチンと頬を殴る音が続けざまに聞えていたが、やがてまた外は無気味な、汚水のような寞々とした静かさになった。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
寞々とした雲棚引き、東のにただ一つ糠星いているばかり、四方囲繞く峨々たる山は、闇をいで黒くえ嵐に吹かれて唸りをあげ、山裾を流れる大河の水は岩にかれて叫んでいる。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)