“寛典”の読み方と例文
読み方割合
かんてん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ムロの鴛鴦夫婦は、寛典の中に其理想的享楽生活を楽しんで居るのである。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
かれは、秀吉のおとして、大坂表へ移住した。思うに、もしこれが、信長の場合であったならば、こんな寛典にめぐまれるはずもなし、かれの首は、二つあっても足りなかったであろう。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
寛典に流れた格律に目ざましをくれたつもりだったが、朝廷ではむやみに激怒して、時政を鎌倉へ追いかえすのどうのというさわぎになったような世だから、死刑そのものがめずらしいばかりでなく
無月物語 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)