“宗誠”の読み方と例文
読み方割合
むねもと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幼名は采女といい、ずっと病身であったが、十五歳のとき元服し、帯刀宗誠となのるようになってから、眼に見えて背丈も伸びたし健康にもなった。
帯刀宗誠も同じ二十二歳、もう二人の子があり、第三子が生れようとしているが、神経がこまかすぎるし、躰格に似ず、どこかにいところがある。
それは長男の宗誠が、十五歳になって元服するのと、端午の節句とが重なるからであった。