“宇佐美”の読み方と例文
読み方割合
うさみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
左馬権介結城七郎、千葉平兵衛尉葛西十郎、筑後六郎、和田三郎、土肥先二郎佐原太郎、多多良四郎、長井太郎、宇佐美三郎、佐佐木小三郎南条平次
頼朝の最後 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
仲間に引入れた。これは金が欲しさに主人に裏切りしたが、最初は宇佐美一族のすゝめで、心ならずも、大澤傳右衞門の娘おが、進んで喜三郎と親しくなつて仲間に引入れたものらしい
佐備正安、天見ノ五郎、中院ノ俊秀、矢尾常正など、らんらんな眼をして、んでいる血気も多いが、べつに安房四郎左や安間了現宇佐美南江など、ふんべつ顔もまた少なくはない。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)