“宇佐美左内”の読み方と例文
読み方割合
うさみさない100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
南部の御藩中で、二十年前、御金藏番の宇佐美左内は、職務の落度で腹を切り、用人大竹孫右衞門は、藩中の大金を盜んで江戸へ身を隱し、高利の金を貸して鍵屋金右衞門となつた。