“左内坂”の読み方と例文
読み方割合
さないざか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
左内坂から、茶の木稲荷までは無事に行った、——昨夜の宵のうちですよ、——その日来合わせれば、兵二郎が行く筈だった。
もしそれ明月皎々たる夜、牛込神楽坂浄瑠璃坂左内坂また逢坂なぞのほとりにんで御濠の土手のつづく限り老松の婆娑たる影静なる水に映ずるさまを眺めなば
左内坂ですよ、早く言えば牛込見付、市ガ谷と言っても宜い、——二、三日前、あの辺をのぞくと、怪談でいっぱい」