“美佐古”の読み方と例文
読み方割合
みさご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いずれ、それは……その、如是我聞という処ですがね。と時に、見附を出て、美佐古(鮨屋)はいかがです。」
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)