“婆裟”の読み方と例文
読み方割合
ばさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「えいッ」と再び掛声あって、隣室の障子を婆裟と貫き閃めき飛んで来た一本の小束! 若侍は束で受けたが切先逸れて肘へ立った。
善悪両面鼠小僧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
朧ろ朧ろの月の光も屋根にられてそこまでは届かず、婆裟として暗いそのりを淡紅色にほのめかせて何やら老人は持っているらしい。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ガッ! が飛び土煙りが上がり、真竹が十本束になって切られ、婆裟と地上へ仆れて来た。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)