“威喝”の読み方と例文
読み方割合
いかつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
狩とはいっても後には食物などを供して、機嫌を取るような土地もあった。そうでなくともたいていは威喝だけで、事実捕獲をしようと迄はしなかった。若狭の佐分利村の唱えごとに
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
ふたたびミサコは肥大した女を威喝するように女記者に云った。
女百貨店 (新字新仮名) / 吉行エイスケ(著)
海部の安井民右衛門、胸を張って威喝した。
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)