“妙厳寺”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みょうごんじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“妙厳寺”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
高氏の命で、ふたりに付いて来た足利家の侍、御厨みくりやノ伝次は、ひとり駈けて、妙厳寺みょうごんじの門内へ入って行った。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)