“奥鐘”の読み方と例文
読み方割合
おくかね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また奥鐘山の峭壁は真に垂直に近いもので、魔神が天斧を揮ってザクリと截ち剖った其片割れは、何処へけし飛んでしまったか判らないが、他は二、三百米から六
黒部峡谷 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
黒部別山の大タテガビンや奥鐘山の絶壁のように、他に類例を認められないようなものは別としても、五、六十米から百米前後の高さに屹立しているものは、珍らしくないのである。
渓三題 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
上流奥鐘山の絶壁の突端から、どく身を交しながら忽然と走り出した黒部川は、に全容を曝露して、白泡を噛んで六、七町の間を躍り狂って来るが、一度足元の崖下にのめり込むと
黒部川を遡る (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)