“大野暮”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おおやぼ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大野暮”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
吾輩の水彩画のごときはかかない方がましであると同じように、愚昧ぐまいなる通人よりも山出しの大野暮おおやぼの方がはるかに上等だ。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
おもてかざりをるなんざ大野暮おおやぼ骨頂こっちょうでげす。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)