“大谷:おおや” の例文
“大谷:おおや”を含む作品の著者(上位)作品数
林不忘1
柳宗悦1
“大谷:おおや”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 工芸 > 工芸8.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
淙々そうそうと、瀬の音が耳に入ってくるのは、激流岩にくだけて飛沫ひまつを上げる大谷おおや川が、ほど近い。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
宇都宮近くに大谷おおやという土地があります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)