“大莫迦”の読み方と例文
読み方割合
おおばか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたしは大莫迦と云われた代りに、勿論彼女を軽蔑した。しかしまた何か同情に似た心もちを感じたのも事実である。
文放古 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
しようというわけだよ。なあに、爆発なんぞしやしないよ。うっかりその手に乗るやつが大莫迦
何しろ黄金だからな。——しかしああやすやすされるとは、あの王子も大莫迦じゃないか?
三つの宝 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)