“大御門”の読み方と例文
読み方割合
おおみかど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それよりもさらに大切な問題は、この日の祭の式典は、はたして同じ名をもって呼び得るほどに、民も大御門も似通うていたろうかという点である。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
大御門そのかたむきて橋上に頂根けむ真心たふと
曙覧の歌 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
わが大御門の御祖先が、始めてこの島へ御到着なされた時には、国内にはすでに幾多の先住民がいたと伝えられます。古代の記録においては、これらを名づけてと申しておるのであります。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)