“大和屋李助”の読み方と例文
読み方割合
やまとやりすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中津川の商人万屋安兵衛大和屋李助の両人をこの稲葉屋へ呼び出し、金子二百両の無心のあったことを語り出すのも勝重の父親だ。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
万屋安兵衛手代嘉吉、同じ町の大和屋李助、これらの人たちが生糸売り込みに目をつけ、開港後まだ間もない横浜へとこころざして
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
万屋安兵衛、大和屋李助なぞにとって、これは見のがせない機会だった。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)