“夜永”の読み方と例文
読み方割合
よなが100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
冬の夜永よながなどには、よく三四人の青年が其処そこへ集つて来て、粗柔そだきながらいつまでも/\語り続けた。
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)