“夜暁”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
よあけ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“夜暁”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それは、夜暁よあけまでに幾ばくもない頃であった。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
必勝を期すには、必死を期すこと当然である。——こう観じて来れば、一見、不利無謀にも似るこの陣所も、妙機変通のある山とも見えんか。……はははは。まず、こよい寝て、もういちど夜暁よあけの下に大観してみい。犀川の広さ、千曲川の長さ、ここは敵地ながら、ここの眺めはいつも好きだ。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)