“夜晴”の読み方と例文
読み方割合
よば100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いつもいつも日中はどんよりと曇りつづけ、それが夜になると皮肉にもカラリと晴れて、月や星が、冴えた紺色の夜空に冷く輝きはじめる。土地の人びとは、そのことを「かん夜晴よばれ」と呼んでいた。
寒の夜晴れ (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)