“多T”の読み方と例文
読み方割合
ティ・メニー100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれども、最初は低能児の試練テストから発したものが、驚いたことには、しだいに度を低めてゆくのです。そして、ついに成功した実験といえば、なさけないことに、たったこの二つだけの動物意識で——つまり多Tティ・メニーとか長短ロング・コンド・ショットとかいうような種々いろいろな迷路を作って、高麗こま鼠にその中を通過させる——ものと、もう一つは蛞蝓なめくじ以外にはない背光性——。
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)