“多門寺”の読み方と例文
読み方割合
たもんじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
北埼玉きたさいたま多門寺たもんじに近い方角である。この辺、桑の木ばかりだった。その広い桑園のなかに、いつも、おさの音をのどかにさせている一軒の機屋はたやがある。
篝火の女 (新字新仮名) / 吉川英治(著)