“多門坊”の読み方と例文
読み方割合
たもんぼう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「平賀坊よお主どうする。……河内国金剛山へ、楠木多門坊たもんぼうを訪ねて行き、その後の様子知りたい、などと昨日あたりまで申しておったが、この雪では行けそうもないぞ」
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)